とにかく明るい安村の英語力は?イギリス・アメリカ番組の英語セリフを詳しく解説

  • URLをコピーしました!

本ページはプロモーションが含まれています

とにかく明るい安村さんがイギリスやアメリカのオーデイション番組で大ウケしたのはなぜ?
この記事では、とにかく明るい安村さんの英語ってどんな感じ
「安心してください!」って英語で何て言ってたの?と思っているあなたに、詳しく説明します。
英会話力をみがいて国際舞台で活躍したい人、必読です!

目次

とにかく明るい安村さんのイギリスとアメリカでの活躍:英語力を動画で見るには?

ネット上には、とにかく明るい安村さんの動画がたくさんあります。

ですが英語をしっかりチェックするには、こちらの2つの動画が最適です。

とにかく明るい安村さんの2023年イギリス番組「ブリテンズ・ゴッド・タレント」フル動画

⇓こちらが2023年でのイギリス「ブリテンズ・ゴッド・タレント」での初回の動画公式フルバージョンです。⇓

最後の審査委員とのやり取りが削除されている動画が日本版では多いですが、最後まで見た方が英語のやりとりがしっかり分かるのでおすすめです。

これから解説します。

私もこの時期、数十回繰り返しみて、笑わせていただきましたし、日本人の海外での活躍を嬉しく思いました!

「とにかく明るい安村さん」の2024年アメリカ番組「アメリカズ・ゴッド・タレント」フル動画

2024年にはアメリカの「アメリカズ・ゴッド・タレント」にも進出!

こちらの動画で見ることができます。

アメリカで人気のスポーツなどをネタに、アメリカ人の心もわしづかみでした。

後で、どのような英語を使ってやりとりをしたのか解説しますね。

「とにかく明るい安村」さんって?英語できる?

TONIKAKUこと、とにかく明るい安村さんの芸風って?

吉本興業に所属する日本のお笑いタレントです。

いわゆる裸芸で笑いをとる芸人さんです。

2015年のユーキャン新語・流行語大賞で「安心してください、はいてますよがトップ10に選ばれ受賞しました。

そして2023年、イギリスのオーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント(BGT)」で日本人初の決勝進出者という快挙をなしとげます。

そしてこの年のユーキャン新語・流行語大賞の選考委員特別賞を「I’m wearing pants!安心してください、はいてますよ)」を受賞しました。

同じネタで二度も受賞するほどのインパクトだったということですね!

英語の発音はお上手です。リズム感がやはりよいのでしょうね。

英語発音は事前にちゃんとレッスンされているようです。アメリカでの動画を見ると、確認している様子がありますよ。

こちらのYouTube動画は、とにかく明るい安村さんがアメリカ本土に初めて行った様子のドキュメンタリーです。

こちらもとてもおもしろいです!

イギリスのオーディション番組ブリテンズ・ゴッド・タレントって?

英オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント(BGT)」という超有名な番組です。

2007年から続いています。

とにかく明るい安村さんは第16シーズンです。

イギリス国内だけでなく、世界中から挑戦する人々がいるため、極めて難関と言われています。

予選を勝ち抜いて、舞台に立てるだけでもすごいですが、とにかく明るい安村さんは決勝まで進出

世界のTONI KAKUになりましたね。

⇓こちらがセミファイナルの動画です⇓

とにかく明るい安村さんのイギリスでの動画を見てみよう!英語はどうなってる?

ではイギリスのブリテンズ・ゴッド・タレントの動画から、とにかく明るい安村さんの英語について詳しくみていきましょう。

上にあげた動画ですが、こちらからも見ることができます。

とにかく明るい安村のイギリスでのドントウォーリー1

とにかく明るい安村のイギリス「ブリテンズ・ゴッド・タレント」の最初のネタは、裸のフットボールプレーヤー(football player)ですね。

イギリスでは「フットボール」=「サッカー」ですから、きちんとイギリス英語の用語を使っています。

そしてお決まりのセリフ、

Don’t worry! I’m wearing…(心配しないでください!はいてますよ)

と言うと、ハイテンションになって受けている女性審査員が立ち上がって、

Pants!(パンツ!)

と受けてくれたので、観客もその後は同じように叫ぶと言う怒涛の展開となっています(笑)。

ちなみにアメリカではPantsはズボンのことなので、「underweare(アンダーウェア=下着)」にしようかと迷ったようですが、言いづらいのでそのまま「パンツ」になっていました。

イギリス英語とアメリカ英語の違いを感じるエピソードですね。

とにかく明るい安村のイギリスでのドントウォーリー2

とにかく明るい安村のイギリス「ブリテンズ・ゴッド・タレント」2番目のネタは裸の騎手(horse racer)

これもイギリスが乗馬や競馬が盛んなことをふまえていますね。

そしてお決まりのセリフ、

Don’t worry! I’m wearing…(心配しないでください!はいてますよ)

と言うと、ハイテンションになって受けている女性審査員や観客も一緒に、

Pants!(パンツ!)

となっています。

舞台袖のスタッフもバカうけしていますね。

とにかく明るい安村のイギリスでのドントウォーリー3

とにかく明るい安村のイギリス「ブリテンズ・ゴッド・タレント」での3つ目のネタは、イギリスMI6にいる設定のスパイ映画で知られる「ジェームズ・ボンド」。

これもイギリス人うけバッチリです。

次は「ジェームズ・ボンド」ですとTONIKAKUが言うと、審査員もかぶりついて見入っています。

そしてお決まりのセリフ、

Don’t worry! I’m wearing…(心配しないでください!はいてますよ)

Pants!(パンツ!)

となっています。

舞台袖のスタッフは、ゲラゲラ笑って「天才だ(genius)」とまで言っています。

とにかく明るい安村のイギリスでのドントウォーリー4

これが最後のネタですが、イギリスがほこる(90年代に世界を席巻した)大人気女性アイドルグループ、スパイスガールズです。

こちらのワナビーがバックに流れます。

そして最後は、

Don’t worry! I’m wearing…(心配しないでください!はいてますよ)

Pants!(パンツ!)

となっています。

この畳みかけるようなイギリスネタ、審査員も観客も熱狂の渦となります。

とにかく明るい安村さんのイギリスの審査員とのやりとりの英語は?

審査員とのやりとりの英語もなかなかのものなので、ご紹介しますね。

審査員のサイモンが、

Honestly you are the funniest contestant we’ve had on all year seriously.(正直言って今年一番おかしい出場者だよ、マジで。)

と言った後、とにかく明るい安村さんは

Simon naked?(裸のサイモン?)

と言っています。

簡単な単語でしか返していませんが、もちろん意味は通じています。

裸のサイモンもいっちょやってみましょうか?」といった具合ですね。

サイモンは「いいよいいよ」と嬉しそうに断っています。

審査員からの受けも最高で、その後の結果につながる・・・といったところです。

(結果を知らない方は動画を是非見てくださいね!)

\ まずは無料体験から!/

とにかく明るい安村さんのアメリカズ・ゴッド・タレントの英語を完全解説!

では、とにかく明るい安村さんのアメリカでの活躍をみながら、英語もチェックしていきましょう。

動画は、この記事の最初にあげたものですが、こちらからも見ることができます。

とにかく明るい安村さんはアメリカ的な裸ポーズで喝采:英語フレーズ解説

イギリスの時は通訳の方は舞台ではいませんでしたが、アメリカは横にいらっしゃって、サポートしていますね。

とにかく明るい安村さんはやはり開口一番、

Don’t worry, I’m wearing pants.(心配しないで、パンツは履いているよ。)

でした。

ブリテンズ・ゴッド・タレントでは、とってもトニー(トニカク=安村さん)を気に入っていたサイモンという審査員がいましたよね。

そのサイモンが、アメリカズ・ゴッド・タレントにも審査員としていたので、会話がはずみます。

サイモンは、

Oh, do I know him? He was on BGT. I think you are my son’s favorite ever Got Talent act.

(え、彼を知っているかって?彼はBGTに出演していたんだよ。君は僕の息子が今までで一番好きなゴット・タレントだと思うよ。)

と絶賛です。

その後、とにかく明るい安村さんは、アメリカンフットボール選手やジョン・ウィック、バスケットボール選手、中国少林寺拳法戦士の裸のポーズ(naked pose)を次々と繰り出して、大変に盛り上がります。

ジョン・ウィックはキアヌ・リーヴスが殺し屋を演じるアメリカの人気映画シリーズですね。

イギリスでは007の裸ポーズでしたが、アメリカでも人気映画を題材にしているところがうまいですね!

とにかく明るい安村さんにアメリカで審査員が「ハンサム」と絶賛!

会場も審査員も、とにかく明るい安村さん(トニー)の裸芸で大盛り上がりだったわけですが、最後に審査員がこうコメントします。

It was so fun. You are very handsome and very, very creative. Thank you. Thank you.

(とても楽しかった。あなたはとてもハンサムで、とてもとてもクリエイティブ。ありがとう。ありがとう。)

これは本当にすごい誉め言葉ですね。

最後に、アメリカズ・ゴッド・タレントの審査員がトニーに質問します。

How do you come up with something like that? How did you come up with that?

(そんなことをどうやって思いつくの?どうやって思いついたの?)

ここでとにかく明るい安村さんは英語では説明しきれなかったようで、日本語を口にします。

そしてすかさず横の通訳の方が英語にしました。

I heard the voice from above.

(上からの声が聞こえたんですよ。)

日本語では、「神さまが天から降りてきた」といったことを安村さんは言っているように聞こえましたが、通訳の方はさすが、うまく訳されましたね。

とにかく明るい安村さんはアメリカでも英語で困ることなく、大ウケでした!

【まとめ】とにかく明るい安村さんの活躍を見つつ、英語学習がんばりましょう

とにかく明るい安村さんのイギリスの人気番組ブリテンズ・ゴッド・タレントとアメリカのアメリカズ・ゴッド・タレントでの活躍と英語力について解説しました。

本当にとっても楽しい動画で、再生回数がすごいのも納得です。(私も何度も見ましたよ・・・。)

とにかく明るい安村さんはフランス語でも同じようにチャレンジされているようですごいですね。

英語がネイティブなみでなくても、うまくコツをつかんで使えばこれだけの反響が得られるという良い例ではないでしょうか。

そんな「とにかく明るい安村」さんを見て、自分も英会話がんばってみよう~という気になったら、スタサプ英語から始めてみませんか?

初心者でも楽しいドラマ仕立てのアプリとオンラインレッスンのセットで確実に実力をあげていけます。私も楽しく使いました。

\ まずは無料体験から!/

*「スタサプENGLISH新日常英会話」については、こちらの記事で詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

大丈夫です。英語を使って、どんな新しい自分になりたいですか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次