外国人観光客との英会話に自信をつけるには? 観光地で役立つ英語学習のコツ

  • URLをコピーしました!

本ページはプロモーションが含まれています

観光地に増えている外国人観光客とうまく英語で話す自信が欲しいあなた。
この記事では外国人観光客とコミュニケーションをとるのに役立つ英語学習のヒントをお伝えします。
特に英会話初心者の英語学習方法や即実践できる具体的な観光用英語フレーズも紹介します。
観光業についている人はもちろん、観光地で少しでも外国人と英会話したい人も是非参考にしてくださいね。

目次

観光地・観光業でやっぱり英語は重要?

観光産業は、日本の経済にとって重要な柱の一つですよね。

特に近年、訪日外国人観光客の数は着々と増えています

インバウンド観光産業の未来に期待する声も強まっています。

ですからせっかく日本に来てくれている外国人観光客の皆さんに、観光地で楽しく充実した時間を過ごしてもらいたいですね。

そのためにはやはり重要なのが、「英語」という国際共通語によるコミュニケーション能力です。

まずはなぜ英語が観光業で重要なのか、そして英会話は苦手・・・という意識をもっている人へのアドバイスをお話します。

英語が観光業で求められる理由は?

まず、英語は世界的に最も広く話されている言語の一つであり、多くの国の人々が共通の言語として使用しています。

日本を訪れる外国人観光客の中には、英語を母国語としない人も多く、コミュニケーションツールとして英語を選ぶことが多いです。

例えば東南アジアや南アジア、中東、東欧からの観光客の人たちは、英語が母語ではなくても英語を使える場合が多いですよね。

ですから英語を話せることは、多様な国籍の観光客と効果的にコミュニケーションを取るための鍵となります。

また、英語を理解し話すことができると、観光客の要望や質問に迅速かつ正確に対応することができ、サービスの質を大きく向上させることができます。

そうすれば、外国人観光客の人たちの日本観光での満足度を高めてもらえます。

また来てもらえたり、お友だちに紹介してもらったりと、ネットワークがつながることも期待できますよね。

ですから、例えば、ホテルでのチェックイン手続き、観光案内、レストランでのメニュー説明など、観光業務において英語は不可欠なツールとなっているのです。

英会話に苦手意識を持つ人へのアドバイス

とはいえ、英会話に自信がないという人は少なくありません。

ですが安心してください!

大切なのは、完璧な英語を話すことではなく、基本的なコミュニケーションを取ることができるかどうかです。

  • まず日常会話で使われる基本的なフレーズや簡単な文法から学ぶ
  • 徐々に自分の言葉で表現できるようになる

このステップで英会話を学んでいきましょう。

また、英語学習は継続が鍵です。

毎日ほんの少しでもよいので、日常的に英語に触れる機会を持つことが大切です。

少しってどのくらい・・・・?と思いますよね。

15分でもよいと思います。1週間で105分なので、だいたい映画一本分になります。

毎週洋画を1本みたら、そりゃあ英会話の世界になじんできますよ!

それから洋画を見るとき、音声はもちろん英語ですが、字幕は日本語(いずれ英語)でつけておいて構いません。その方が、音と意味を同時に頭に入れられるのでよい英語学習になります。

英語学習の方法を開設しました。

やはり英語は、観光業で働く上で不可欠なスキルです。

完璧を求める必要はありませんが、基本的なコミュニケーション能力を身に付けることで、より多くの観光客に英語で自信をもって対応できるようになりますよね。

\ おもてなし英語をレッスンするなら /

基本的な英語コミュニケーションスキルの向上

このセクションでは、日常の業務でよく使われる基本的な英語フレーズや、観光客との効果的なやり取りにすぐに役立つ表現を紹介します。

「観光」って英語で何て言うの?

まずは基本的な英単語をおさえておきましょう。

「観光客」は英語で “tourist” と言います。

発音は[トゥーリスト]で、「トゥ」に強調があります。

(太字が強調部分です。英語の発音は強調が大切です!)

観光を英語で書くと “tourism” や “sightseeing” となります。

発音は [トゥーリズム]と[サイトシーイング]です。

おまけに観光客に使うと喜ばれるフレーズをお伝えします。

「どうぞ楽しんでください」は “Please enjoy yourself” や “Have a great time” となります。

発音は、

  • “Please enjoy yourself” [プリーズ エンジョイ ユアセルフ]
  • “Have a great time” – [ハヴ ア グレイト タイム]

これをさらっと言えるととても素敵です。

もし英語を話すのが少し恥ずかしいと感じるなら、「とにかく明るい安村」のパワーをもらってください!

「とにかく明るい安村」さんの英語での活躍については、こちらの記事で詳しく解説しました。

よろしければご覧ください。

英語日常会話で使う基本フレーズ

観光客とのコミュニケーションにおいては、まず基本的な挨拶から始めることが大切ですね。

「Hello」(こんにちは)、「Good morning」(おはようございます)、「Thank you」(ありがとう)

こういった一般的なフレーズは、日常的に使われ、親しみやすさを与えます。

さらに、観光客のニーズに対応するための基本的な質問フレーズも覚えておきましょう。

  • 「Can I help you?」(何かお手伝いしましょうか?)
  • 「Do you need any assistance?」(何かお手伝いできることはありますか?)

こういった表現は、観光客に対して親切であることを示し、彼らの要望を引き出すのに役立ちます。

観光客とのやり取りに役立つ表現

観光客がよく尋ねる質問に対応するためのフレーズにあらかじめ準備しておくことも重要です。

「Where is the nearest restroom?」(最寄りのトイレはどこですか?)

英語のフレーズ日本語訳
The nearest restroom is just around the corner to your left.最寄りのトイレは左手の角を曲がったところにあります。
Go straight ahead and the restroom will be on your right.まっすぐ行くと、右手にトイレがあります。
The closest restroom is on the second floor, near the food court.一番近いトイレは2階のフードコート近くにあります。
You can find the restroom next to the gate number 5.ゲート番号5の隣にトイレがあります。
If you take the elevator to the first floor, the restroom will be in front of you.エレベーターで1階に行くと、目の前にトイレがあります。

「How much does this cost?」(これはいくらですか?)

以下は、質問に対する答えを表形式でまとめたものです。

英語のフレーズ日本語訳
It costs [金額] dollars.[金額]ドルです。It costs 20 dollars. (20ドルです。)
This is [金額] yen.これは[金額]円です。This is 1,500 yen. (これは1,500円です。)
The price for this item is [金額].この商品の価格は[金額]です。The price for this item is 50 euros. (この商品の価格は50ユーロです。)
That will be [金額].それは[金額]になります。That will be 10 pounds. (それは10ポンドになります。)
This one costs [金額].これは[金額]です。This one costs 100 dollars. (これは100ドルです。)

また、道案内をする際には、

「Go straight and turn left/right at the corner」(まっすぐ行って、角で左/右に曲がってください)

といった簡単な方向指示のフレーズが有効です。

このような表現を使えると、観光客が目的地に迷わずにたどり着けるようにサポートできます。

英語コミュニケーションスキルの向上方法

基本的なフレーズをマスターしたら、実際の状況を想定して練習できるとよいですね。

といっても、実際の状況を想定ってどうすればよいのだろうかと思われるかもしれません。

例えばですが、ロールプレイを通じて、同僚や友人と実際に英語での会話を練習することで、自然なコミュニケーション能力を高めることができます。

職場で英会話力をあげたいと思っている仲間を見つけられるとよいですね。

また、英語のリスニング能力を向上させるために、英語のニュースや映画、ドラマを視聴することもおすすめです。

実際の会話の速さや発音に慣れることで、実際のコミュニケーションがスムーズになります。

普段から自然に英会話にふれられる環境をつくりたいですね。

\ おもてなし英語をレッスンするなら /

観光の実践的な英語学習方法とすぐに使える場面別英語フレーズ

外国人観光客とのコミュニケーションのとき、特定の業務シーンに適した英語表現を知っておくととても役に立ちます。

具体的な英語フレーズを紹介します。

観光案内のときの英語フレーズ

観光案内の際には、簡潔で分かりやすいがよいです。

例えば、「This is the famous [観光地名]」(こちらは有名な[観光地名]です)「It’s known for [特徴]」([特徴]で知られています)といったフレーズは、観光スポットの紹介に適しています。

また、歴史的な背景や文化的な意味を簡単な英語で説明する能力も重要です。

具体的な事実や日付よりも、観光客が興味を持ちやすいエピソードを中心に話すとよいでしょう。

例えばこちらの本を手元に置いておけば、何かと便利ですね。

道案内を英語ですることも多いと思います。そういうときは、方向や距離を明確に伝えることが必要です。

  • Go straight and then turn left/right」(まっすぐ行ってから、左/右に曲がってください)
  • It’s just a five-minute walk from here」(ここから歩いて5分の距離です)

などの表現を使ってみましょう。

レストランでの観光向け英語フレーズ

レストランでの英語では、メニューの説明やオーダーの受け付けが中心となります。

  • 「What would you like to order?」(何を注文されますか?)
  • 「Our special today is [料理名]」(本日のおすすめは[料理名]です)

といったフレーズが役立ちます。

また、アレルギーや食物制限に関する問い合わせに答えることも大切です。

  • 「Do you have any food allergies?」(食物アレルギーはありますか?)

と質問してみましょう。

空港で使える観光用英語フレーズ

空港で困っている外国人を助けるときのフレーズも知っていると便利です。

空港でのさまざまな状況における英語フレーズを表形式でまとめました。

まずは短めのフレーズから口に出して覚えていきましょう。

状況英語のフレーズ日本語訳
最初の声かけ“Do you need any help?”何かお手伝いしましょうか?
“Can I help you with something?”何か手伝えることはありますか?
問題を尋ねる“Are you lost?”道に迷っていますか?
“What seems to be the problem?”どのような問題がありますか?
方向を示す“The check-in counters are this way.”チェックインカウンターはこちらです。
“Let me show you to your gate.”ゲートまでご案内しましょう。
その他のサポートを提供する“Do you need help with your luggage?”荷物のお手伝いは必要ですか?
“I can call someone who speaks French if you need.”もし必要であれば、フランス語を話すスタッフを呼びます。
別れ際に“I hope you have a pleasant stay in Japan.”日本での滞在が楽しいものになりますように。
“Safe travels!”ご旅行が安全でありますように!
インフォメーションデスクの場所を尋ねられたとき“The information desk is located near the main entrance.”インフォメーションデスクはメインエントランスの近くにあります。
“You can find the information desk in the central area of the terminal.”ターミナルの中央エリアにインフォメーションデスクがあります。
道案内をするとき“Go straight down this hall, and the information desk will be on your left.”この通路をまっすぐ行くと、左手にインフォメーションデスクがあります。
“Follow the signs for ‘Information’ – it’s just past the security checkpoint.”「インフォメーション」の標識に従ってください。セキュリティチェックポイントを過ぎたところにあります。
その他の情報を提供するとき“The staff at the information desk can help you with any airport queries.”インフォメーションデスクのスタッフが、空港に関する質問にお答えします。
“If you need assistance with your flight or baggage, the information desk is the best place to go.”フライトや荷物に関する支援が必要な場合、インフォメーションデスクが最適です。
サービスを紹介するとき“They also provide maps and information about airport facilities at the information desk.”インフォメーションデスクでは、地図や空港の施設情報も提供しています。
“If you’re looking for transportation options or nearby hotels, they can give you all the details at the information desk.”交通手段や近くのホテルを探している場合、インフォメーションデスクで詳細を教えてもらえます。

これらのフレーズは、空港での外国人旅行者のサポートに役立ちます。

明るくて親切な態度で自信をもって話すと、きっと喜んでもらえると思います。

続けやすい英語学習のコツとツール:観光客と楽しく話すためにできること

このように英語学習は、特に観光業に従事する場合、重要なスキルの一つです。

ですが忙しい日常の中で学習を継続するのは難しく感じることがあります。

ここでは、日常生活に英語学習を取り入れるためのコツと、有効なツールなどを紹介します。

日常生活で英語を取り入れる方法

英語学習の最も重要な部分は、日常生活のなかでできるだけ英語にふれることです。

例えば、通勤中に英語のYouTube動画を聞いたり、英語のニュースアプリで最新情報を読んだりすることができます。

ニックさんの大人気YouTube動画は楽しくてためになりますので、私も大好きです。

こちらで詳しく解説しましたので、よろしければご覧くださいね。

観光業におすすめの英語学習アプリは?

英語学習には迷ってしまうくらい多くのアプリがあります。

例えばアプリとオンライン英会話がセットになっているが高い人気を得ています。

こちらの記事で詳しく解説していますのでよろしければご覧ください。

他にもAI搭載の優秀な英会話アプリが最近たくさん出ています。

私が毎日使っているのは、NHKのポケット語学というアプリです。お得な料金で充実したコンテンツを学べるので、とても満足しています。

こちらで解説していますので、よろしければご覧ください。

【まとめ】観光客と楽しく英会話する自分になろう

観光客と自信をもって英会話することの大切さとコツ、そして勉強法について解説しました。

いかがでしたでしょうか?

やはり観光客のための英語にかぎらず、英語学習の鍵は継続です。

毎日少しずつでも良いので、英語にふれる習慣を身につけましょう。

特に観光業で働く人々にとって、英語は単なる言語スキルではなく、仕事の根幹にかかわる大切なものです。

外国人観光客との橋渡しをする手段であり、サービスの質を向上させ、キャリアを発展させるための重要な手段です。

日常生活に英語学習を組み込み、継続して取り組むことで、自信を持って外国人観光客とコミュニケーションを取ることができるようになります。

学習方法はいろいろありますが、あきることなく一日20分ずつアプリ学習して、いつでもどこでもオンラインで英会話できるのがです。

しかもカリキュラムが「おもてなし英会話」なので、観光にたずさわっている人にぴったりではないでしょうか。

無料体験してみてソンはないと思います!私も楽しく使いましたよ。

自分にあった学習方法をみつけて、英語力をみがけば、仕事にも自信がつきますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次